ウッドデッキ施工店 耐久性のあるハードウッド使用!  横浜市 尚雲堂        更新日:2015年5月27日
N氏のブログ
 
ケータイでもご案内


【リンク用バナー】


テラス・サンデッキ・ガーデニング・デッキ・テラス・木道・屋上緑化 etc,,








当社はハードウッド【イペ材使用】ウッドデッキ施工の専門店です。

ハードウッドとは、針葉樹(杉、松、桧)に比べ強度、密度に優れ、何よりも腐らないことが最大の特徴、土に直接使っても性能に変わりありません。
当社は注文に応じて設計、見積、施工を手掛けております。又、お客様のニーズに応じた材料の加工発送を実施しており、お客様ご自身の製作をお手伝いしております。




傾斜地デッキや変形デッキをご希望の方ご相談下さい!!

【土地の有効利用にイペ材デッキを!】

傾斜地や擁壁を有効利用したいと思っている方
展望デッキを作りたいと思っている方
是非弊社施工例をご覧ください。
土地の有効利用をご提案させていただきます。

傾斜地 や 変形デッキを をご希望、ご要望なら
ぜひ、ウッドデッキ専門当店にお任せください!


実績多数あり!!

 
【デットスペース有効活用特集ページはこちらで】








当社はハードウッド(イペ材使用)ウッドデッキ施工の専門店です。

主な施工例
  
施工例として、木製の通路(ボードウォーク)、オープンデッキ、外階段、四阿柵、パーゴラ(藤棚)、遊具 などに使用されています。特に水に強く、直接水に触れたり、土に接しても腐ることはありません。木材の色は褐色系で場所によってですが、半年から1年位経過しますと明るいグレー系に変化しますが、この頃になると塗装も可能となります。

現在、公園、水辺等で使用されている針葉樹(杉、松、栂)は5年〜10年で腐り、事故例も多く利用上の問題を抱えておりますが、ヨットハーバー、公園、公共施設ではこのような事故例は聞きません。



当社はハードウッド(イペ材使用)ウッドデッキ施工の専門店です。

現在国内で使用されている主なハードウッド
イペ材 ハードウッドの全体の使用量の90%がイペ材です。
セランガンバツ材 
ウリン材



コストについて

イペ材のコストはその施行方法によって多種多用です。1m2あたりや1m幾らとはいきません。
全てがオーダー対応のため、現地調査により施工場所の構造や環境を考慮したうえで、
積算が上がりますのでご承知下さい。尚、積算及び仕上りのスケッチは無償ですのでご気軽にご相談下さい。
ご契約の際は施工図がでます。


ウッドデッキ施工尚雲堂